webでの展開もキャラクターを使用することで、楽しく目を引くものに。 また各媒体間での企業イメージの連動にもつながります。